Lights ライト

2018年9月24日

Lights

ライト

Because a ZBrush scene has depth and material properties, virtual lights are required to illuminate the canvas and the objects it contains.
The Light Palette provides controls for setting and adjusting these lights.
ZBrush calculates shading based on the number, type, strength, and position of the lights in the scene.

ZBrushのシーンには深度とマテリアルのプロパティがあり、Zbrushのライトにはキャンバスとそれに含まれるオブジェクトを照らす機能が備わっています。

Lightパレットは、これらのライトの設定と調整をする機能があります。

ZBrushは、シーン内のライトの数、タイプ、強度、および位置に基づいて影の出方を計算して表現します。

Lights are added or subtracted from a scene simply by switching them on or off. First click a light icon to select it, then click again to switch on or off; the icon will be colored orange when the light is on. The selected light (which can be on or off) is indicated by an outline around the icon (gray in the default color scheme). Once a light is selected, its properties, such as direction and intensity, can be adjusted.

ライトは、オンまたはオフに切り替えるだけでシーンに追加または減算されます。

最初にライトアイコンをクリックして選択し、もう一度クリックしてオンまたはオフに切り替えます。

ライトが点灯しているときはアイコンがオレンジ色になります。

選択されたライト(オンまたはオフ)は、アイコンの周りのアウトライン(デフォルトの配色のグレー)で示されます。

ライトが選択されると、方向や強度などのプロパティを調整できます。

Changing the Light Direction

光の方向を変える

You can place up to eight lights in a scene and change their properties at any time. All lighting properties are saved with the ZBrush scene file. By default, ZBrush has a single light placed in the scene.

シーンには最大8つのライトを配置し、いつでもそのプロパティを変更できます。 すべてのライティングプロパティはZBrushシーンファイルで保存されます。 デフォルトでは、ZBrushにはシーン内に1つのライトが配置されています。

Lights are selected and positioned using the thumbnail part of the light palette, as shown below.

以下に示すようにライトパレットのサムネイル部分を使用してライトを選択し、配置します。

Click on a light to select it, and click again to turn it on or off. Click on the color patch to the left of the Intensity slider to cause the light color to be set to the primary color, or click and drag from the color patch to any other part of the screen to set the light’s color to the color under the mouse cursor when you release the mouse button.

ライトをクリックして選択し、もう一度クリックするとオンまたはオフになります。 [明るさ]スライダの左側にあるカラーパッチをクリックして、ライトカラーをプライマリカラーに設定するか、カラーパッチをクリックして画面の他の部分にドラッグしてライトの色を マウスボタンを離すとマウスカーソルが移動します。

The placement sphere in the upper left of the palette shows where the currently selected light is placed, and also shows the combined effect of all lights currently turned on. Drag the small orange rectangle to change the placement of the current light; click it to toggle it from a front light to a backlight, or vice versa.

パレットの左上の配置球は、現在選択されているライトの配置場所を示し、現在オンになっているすべてのライトの組み合わせエフェクトも示します。 小さなオレンジ色の長方形をドラッグして、現在のライトの配置を変更します。 それをクリックするとフロントライトからバックライトに、またはその逆に切り替わります。

Lights and MatCap Materials

ライトとMatCapマテリアル

When setting up lights it is important to remember that MatCap materials have their lighting baked in, so the lights in the Light palette will not affect the material. However, you may want to set up some lights for Best or BPR renders so that shadows are cast. Alternatively, you could consider using LightCap.

ライトを設定する際には、MatCapマテリアルがライティングを持っていることを覚えておくことが重要です。ライトパレットのライトはマテリアルに影響しません。 ただし、ベストまたはBPRレンダリングのためにいくつかのライトを設定して、シャドウをキャストすることができます。 あるいは、LightCapの使用を検討することもできます。

スポンサーリンク

Posted by gaww