アズールレーン ジャン・バール(4)服の作成

服を作成しようと思います。Zbrushでこれまで進めてきたのですが、Marvelous Designer の個人版でやれないか検討です。

最初にTポーズ作らなかったためにTポーズ作るのに時間かかってしまいました。

最初顔大きめだったので幼さがでてしまって、アズールレーン ジャン・バールの凛々しさ気高さみたいな孤高の強さみたいな感じがでなかったので、顔はとりあえずリアル寄せしてあります。

ヨーロッパ系の顔作るのに前作(3作目)ヴィクトリアスの鼻が低かったので、今回はイメージですが鼻高めの作成にしてあります。(欧米か!)

パンツ作るのに1時間かけてしまって脱線し、夢中になってやってたみたいで夏の暑い部屋で脱水してしまいダウンしかけました・・・。

データは168cmくらいの身長で1/10サイズで作っているので、1100%~1200%で拡大して読み込みます。

身長測定ツールみたいなのもあってすごい面白い。だけれど、ここまでは、アバター読込というところの本当に最初の最初でして、全く進んでません。操作系を覚えるのが大変でした。日本語表示していますが、今日初めてMarvelous Designer 7を操作したので。

最初にMarvelous Designer で標準でインストールされていた女性服を着させてみたのですが、なんか胸ポロン、お尻ポロンしちゃってて直せず・・・。ここまでやって半日消化してしまいました・・・。道は長い。だけど、このMarvelous Designer 7使いやすいかもしれない。すごい高いんだけど。WFの売上から5,000円を再投資しようと思って、Marvelous Designer 7に使うことにしました。資材回収にお金回せばいいんだろうけれど、再投資です。あとは財布から出すしかなかった。7月はお金入ってくる月のはずなのに支出も多かったなぁ。

服を着せると(着せられてないが・・・)、結構大人っぽいかも。このまま試行錯誤続けてみようかな。というかジャン・バールの服難しすぎてMarvelous Designer 7お蔵入りするかもしれない・・・。

このブログ記事のTwitter投稿連携止めているのにツイートしちゃう。なんでだろう。

あれから2時間、MD7と格闘を続けて服を着させられるようになりました。
ファスナーを取って、胸元をあけられるようになったのですが、結構胸大きいのか飛び出てしまいます・・・。何かどこかおかしいのですが、直すとか修正するまでのレベルに達しておらず日本語テキストやYOUTUBE動画も数が無いので知識習得が難しいかんじ。

あれから3時間。もう夜中23時30分です。今日一日でMarvelous Designer ものにしてやるぅーって頑張り始めて、、、、ものにできなかった。生地の色を付けて、真ん中ファスナーぽいのがついてるからそれをつけてからの半分にして、おなかあたりの生地を分割して、肩周りのジャージっぽい線を消して結合して・・・とやりたいことがたくさんあるけれどまだできない。

スポンサーリンク