複製するときに粘土埋めしないでやりたいな

2019年11月1日

レジンキットを作るには複製する必要があります。

粘土埋め

粘土埋めする複製方法の大まかなやり方

原型を粘土で半分埋めて、そこにシリコンを流し、固まったら離型剤を塗って、反対側にシリコンを流して原型を複製する型を作り、この型に2液ウレタンレジンを流して固め、レジンキットとします。

粘土埋めとシリコン型作り

造形作業のうち、一番好きになれない。

すごい頑張っても、型にレジンが流れづらかったり、粘土で原型がべたべたになったり、1面出来たときにはがして粘土からはがれると型の精度がガタ落ちしちゃったりする。

型を取ることに対しての労力が半端ないから、時間を節約するにはこの工程をどうにかするしかないと思い至る。

裂き型

裂き型という型作り方法

ネットを検索し続けていると、コップ裂き型というのがあった。常圧でやっているものだった。

メリットは、シリコンが流れれば完全な複製型を作れる。
デメリットは、複雑な形の場合に、レジンがいきわたるような通り道を粘土型のように作れない

裂き型のデメリットを消すには

いままで、二面型をねんどで作っていたのは、複雑な形を常圧流しで複製するのに四苦八苦していたから。

そう、二面型でもちゃんとシリコン型できているのにレジンがいきわたらないってことがままあるわけです。これにくじけそうになっていて、複製やるのやだなになっていました。

この文章を書いているときにはまだ入手していませんが、真空ポンプによる脱泡複製によって解決するのではないかと、また思い至ったわけです。

真空脱泡複製装置

真空脱泡複製の環境を整える

真空脱泡複製を出来るようにするには、お金がかかります。

1.デシケーターと専門的には呼ばれる真空状態を維持できる容器
2.真空ポンプで1分間100L以上の能力のあるタイプ

上記2つがいります。私はエアコン取付と取外が多い環境にいたため、自分でやるようになって真空ポンプを持っていましたので、これを使ってシリコンの脱泡とかをやるため、デシケーターも自作していました。

今までの真空脱泡環境は・・・

少し話がそれますが、シリコンを脱泡してから作った二面型に脱泡したシリコンを流すと当然ですがシリコンの泡の発生が少なくて、型取りの時に重宝していました。

これをレジン複製の注型という型にレジンを流しいれるときにも真空にかけるというのが真空脱泡複製になるそうです。

私がこの真空脱泡複製をしていなかったのは、真空ポンプの能力が低いためです。30L/1minくらいの能力で真空引きを出来るようなのですが、そもそもエアコンの真空引きをするために購入した物なので、それほど高い能力がなくとも時間さえかければ十分に真空化できるため、パワーを必要としていませんでした。

シリコンも同じで15分~30分は粘度が低くさらさらしているので真空脱泡するだけならパワーの低い真空ポンプで十分に行けたためです。真空おひつという手動商品を使っていて、手でやるのがだるいから真空ポンプ使おう!ってノリだけで作った自作製品なので、そこらへんはわかっていたのです。

デシケーターについて

デシケーターという真空環境を維持するための箱・入れ物は、一般に売られています。この売られているものを買うのが手っ取り早いかなと思います。

私は本当でしたら、四角いシリコン型がちょうど入る箱型のカメラレンズの除湿するような箱型の容器のものが欲しかったのですが、10万くらいします。

そうでなければ、横から真空状態がどのようか見られるものが欲しかったのですがこれも5万くらいはしてしまいます。

そうすると自分でつくるかーとなりまして、自作した経緯です。

デシケーターは自作することが出来ます。1万円くらいかかります。

デシケータの自作について

私は、プロフィット社外記というブログをみて部品をそろえて購入しました。

今だと、YZPさんのブログにもそれを使って作られた記事が掲載されているようです。

私はプロフィット社外記の情報で作成したので、真空ポンプでレジン複製をといったことまで考えが至らず、シリコンの脱泡をしたいというその当時の気持ちだけで作って終わっていたというわけです。

私が作ったときの部材の情報といくらかかったのかをエクセルにメモしていたのですがPC内検索で真空で引っ掛けようとしてもなぜか真空波動拳しかでてこないので、見つかったら掲載してみたいと思います。

デシケータを自作したときのメモ

前段で探し始めたメモが見つかりました。
およそ1年前の情報だと思いますのでより良いパーツがあるかもしれません。
プロフィット社外記を見て購入リストを作っています。

項目(この表にアフィリエイトはないので安心してください)金額URL
寸胴鍋4,164URL
右下精機製造 汎用真空計(スターゲージ)1,490URL
モノタロウ ボールバルブ(フルボア) 1/4 (2個)1,358URL
男前モノタロウ チーズ 可鍛鋳鉄製管継手 (白)209URL
男前モノタロウ 丸ニップル(白)(3個)204URL
アソー ロックナット(3個)387URL
男前モノタロウ エルボ 可鍛鋳鉄製管継手 (白)139URL
大阪魂 片テーパーニップル(2個)238URL
光 NRゴム板 3mm厚 300mm × 300mm349URL
武蔵ホルト ブラックシーラー619URL
クニイ クニロン真空ホース 12×30 1巻(1m)2,690URL
アソー ホースニップル PT1/4109URL
モノタロウ ホースクランプ119URL
アクリル板 20mm厚 330mm × 330mm6,199URL
18,274

上記リストの中で、クニロン真空ホースを使っているのですが、なんか違う感じです。改善したら更新しておきますが、とりあえず今はこれで。

項目 (この表にアフィリエイトはないので安心してください) 金額URL
ハイカプラ プラグ (オネジ取付用) 259URL
ソケットカプラー (メネジ取付用) 459URL
エアホースワンタッチカプラー付 1,290URL
シールテープ119URL

YZP氏のブログを参考にして、上の黄色ラインの材料をYZP氏の材料に置き換えた表を上につけてみました。これをちょっと買って改善してみたいと思います。

スポンサーリンク

Blog, 複製

Posted by gaww