Windows10のメモリ解放ができる設定変更

Windows10のメモリ解放を半年くらい試していて、empty * を実行する方法が効く場合と効かない場合があることがわかりました。

私の場合が解放されないメモリがあったのでその対処を考えていました。

ようやくわかったというか、たぶんこれという解決策が見つかったのでWindows10次インストールするときのためにメモしておきます。

仮説)Windows10の休止関連の機能がメモリを開放してくれていないのではないか?

仮説としてはこれです。

Windows10の大型アップデートしてからメモリ解放ができなくなっていたのですが、それがWindows10のなにかアップデートによるものだと長いこと思っていましたが、もしかすると以前と設定が異なるところが怪しいのではないかと。

1.ハイブリッドスリープをオフにする

Microsoft® Windows10 のモード
『休止モード』
 『休止モード』に入ると、メモリの内容を、HDD/SSDの[hiberfil.sys]というファイルに保存し、メモリへの電源供給を切って休止。
 『スリープ』時にはメモリの内容が保存されていないので、スリープした状態で電源が切れると再起動することになります。
  『ハイブリット スリープ』を有効にしておきますと、『スリープ』時でも、『休止』状態と同じように、メモリの内容を、[hiberfil.sys]にバックアップしますので、電源供給が切られても、元の状態に戻ることができます。

https://www.arcbrain.jp/support/NVM_Express/Prohibited_acts

電源オプションのハイブリッドスリープを許可するの項目でオフにします。

2.念のため hiberfil.sys 機能を停止しておく

管理者権限で、以下のコマンドを実行して、C:\hiberfil.sys をなくし、休止状態にできなくしてください。

powercfg.exe /hibernate off

このコマンドを実行後は、Windows のメニューから、『休止』の項目が全て表示されなくなります。

https://www.arcbrain.jp/support/NVM_Express/Prohibited_acts

これらの作業がメモリに関するところでやっていないところだったので、設定確認したところ有効になっていたので、すべてオフにしました。

もともとスリープ機能は使っていなかったので、どこかでオンになってしまったのだと思われます。これによってSSDの寿命もかなり削られていました・・・

これ以降はempty * のコマンドを行うとかなり削減の効果があるので、empty *の効きが悪い、またはメモリが解放されていないときはこれが怪しいですよね。

というかSSDの時代なので書き込みたくさんするような機能はオフにしておいた方がいいと思いますし。

スポンサーリンク

Blog

Posted by gaww