Asuraの使い方のメモ

2019年1月3日

最新版のAsuraよくわからなかったから説明書読んで見たんだけど、キャリブレーション、周辺部の歪みを補正する機能を持ったみたい。

シンプルに moai_calib-v2 というプロファイルを選んで使うだけでほぼ補正できるというからありがたい。1%以下になるならもうこれでいいでしょ。

ハードウェアキャリブレーションちゃーんとする方法をもっとわかりやすく説明書き作ってくれた方がほかのユーザーを救えるとおもうんだけども。

Asura by Peopoly

Asura is a 3D printing preparation software designed to that simplifies the process of preparing for resin-based 3D printing. It has both features specific to Moai SLA printer as well as for general resin 3D printing.

Asuraは、3Dプリンターの準備プロセスを簡素化するように設計されたソフトウェアです。 一般的な3Dプリンターと同じくMoai SLAプリンタに特化した機能を有しています。

Main features:
主な機能

  • Import / Export STL files
  • Adding Support and base (Automatically / Manual Addition)
  • Scale and Rotate Models
  • Slice Model to GCode (to print on Moai)
  • Distortion Adjustment (Moai only / Gcode only)
  • Lightning Fast Processing Speed
  • Save/Load Projects
  • Undo
  • Z-axis cross-section view.

Download link: https://drive.google.com/open?id=1swATqFfq6awU1ORFn2bNOKt28IFpIl5l

And you can share your feedback here: https://forum.peopoly.net/t/peopoly-print-software-beta-test-thread/1954


Distortion Adjustment function:
歪み補正機能

Asura 2.1 updates the distortion adjustment to more data points to cover asymmetrical distortion and prepare for Moai 200.

Asura 2.1では、非対称歪みをカバーし、Moai 200に備えて歪み調整をより多くのデータポイントに更新しています。

Depending on your applications, you may not need to adjust if dimensional accuracy is not very important. If you do, here are two ways you can utilize Asura 2.1’s calibration feature.

用途によっては、寸法精度がそれほど重要でない場合は調整する必要がない場合があります。 もしそうなら、Asura 2.1のキャリブレーション機能を利用する方法は2つあります。

General Adjustment.
通常の調整

You can simply select the default adjustment profile moai_calib-v2 as seen here in the export menu:

エクスポートメニューに表示されているように、デフォルトの調整プロファイルmoai_calib-v2を選択するだけです。

User can either select none or the included default profile moai_calib1. *Adjustment is only effective when exporting to GCODE

「none/なし」または含まれているデフォルトのプロファイル「moai_calib1」を選択できます。 *調整はGCODEにエクスポートするときだけ有効です。

For most users, this would be enough to reduce distortion at the edge to under less than 1%. To make the best use of the moai_calib-v2.acp. We recommend that your printer is set up this way:

ほとんどの方にとって、これは周辺部の歪みを1%以下に抑えるのに十分でしょう。 moai_calib-v2.acpを最大限に活用するため。 プリンタを以下のように設定することをお勧めします。

  • During laser scanning calibration, only match the other circle
  • And do not make use of the firmware x/y size to adjust the print size. Keep X/Y Size at the default value of 900

・レーザースキャニングキャリブレーションでは、外側の円のみを合わせてください

・ また、印刷サイズを調整するためにファームウェアのx / yサイズを使用しないでください。 X / Yサイズをデフォルト値の900に維持すること

Since there are build differences between each Moai, this is will minimize some of the deviations. You may not see improvement if your Moai has different calibration than the printer we used to create this general profile. In case you want even high accuracy, use the custom approach

各Moaiには製造過程での違いがあるので、このキャリブレーションによっては偏差のいくつかを最小にするでしょう。 この一般的なプロファイルを作成するために使用したプリンタと、モアイのキャリブレーションが異なる場合は、改善されないことがあります。 さらに高い精度が必要な場合は、カスタムアプローチを使用してください。

Custom Calibration Profile
カスタムキャリブレーションプロファイル

This is for those who want to minimize size variance by using custom calibration profiles.

これは、カスタムキャリブレーションプロファイルを使用してサイズのばらつきを最小限に抑えたい人のためのものです。

1. Download Calibration Print STL here

2. Load the STL into Asura (or Cura). Make sure it is centered. X+ (Positive X Value) is back of the printer and X- (Negative X Value) is the side closest to the door.

3. Make sure your printer’s laser is centered and scanning calibrated using Advance Moai calibration guide.

4. Print the STL file and measure the actual print value. The blocks on the print is designed to make it easier to measure. Each side starts 11, 21, 31, 41, 51, and 61

Record numbers for all 4 sides, X+, X-, Y+, Y- This will all makes sense in the next step

5. Open the calibration config file moai_calib-v2.acp in notepad or any text editor. You will see:

The Xval and Yval correspond to the measurements obtain in step 4.

To use your own data point. let’s say your X+ 61 is measured at 62. This means the X+ side is supposed to be 61mm long but the actual print is 62mm long. To adjust for your print

– calculate the adjustment value. In this case, it is 61 + (62-61)/2 = 61.5

On the row Xval 61 60.6. Change it to Xval 61 61.5

Save the file to a new name. And select it when you use Asura to slice.


スポンサーリンク

Blog

Posted by gaww