WF2018Summer版権PDFより

WF2019Winterの申請開始がされました。

版権一覧っていう過去のデータがPDFで公開されたのですが、日経新聞は無料のWEB版を読んだり、小説はKindleとデジタル形式になれていて書籍の段組み形式がちょっと読みづらくて頭が痛くなったので、手をかけてみました。所要5分

1.WF2019Winter申請にある前回の申請結果一覧をPDFからテキストコピペ
  http://wf.kaiyodo.net/pdf/copyright_manual.pdf

2.エクセルでに貼付け
  1段目会社名2段目タイトル3段目許諾管理番号になる

3.if関数で3段目を2列目に外す
  文字タイトルと許可コードは別列にしたい。
       エクセル豆知識でif(countif を使うと何何を含むかどうかを判定できる。
  他の関数はしらない。※知ってる知識でさくっとやるため。
  この関数のB列で数字を拾ったら一度全部コピーして数字で貼りなおして数  式を数字で上書きする。

4.A列の数字を一括で削除
  A列の数字データはB列に移したので、A列から削除する。
  「検索と選択」から選択オプションを出して、
  定数の✅数値に入れる。
  数字だけの枠を一気に選べるので、選んでデリートボタンを押すだけ。

5.空白セルの削除
 同じく「検索と選択」から空白セルを選択する。
 空白部分はA列の空白に準じてB列も一気に消さないと数字がずれるので
 削除の項目からシートの行を削除で横一列全部消す。

6.完成
 A列の文字が切れているのは改行による段ずれ。
 これをさくっと直す知識はないためこれで完成にしてます。
 縦に目で追っていきたいだけなので私の用途ではOK。ただし検索には向かないね。

7.修正
 完成にしたんだけども、使ってみるとやっぱり見づらいので、関数入れて結合しました。
COUNTIFで条件を含んでいるものを判定できるのですが、
頭に◇がある場合で、お尻に:が無い場合は連結が続いている文章なので、
1段したの文字列を結合することにします。

=IF(COUNTIFS(A1,”<>“,A1,”<>“),CONCATENATE(A1,A2),””)

スポンサーリンク

イベント

Posted by gaww